本文へスキップ

有名絵画の解説と作品紹介のインターネット美術館 西洋絵画美術館 バロック

バロック

イタリア スペイン フランス オランダ 1600〜1700

バロック絵画
バロック美術は、16世紀末から18世紀初頭にかけヨーロッパ各国に広まったバロックと総称される様式にもとづいた絵画や彫刻などの美術のことである。ルネサンス期の美術の理想とされた均衡のある構成より、意図的にバランスを崩した動的でダイナミックな表現が好まれた。ルネサンス後期のミケランジェロの晩年の作品はマニエリスムとも、バロックの先駆になったとも評される。宗教改革を経たカトリック教会の対抗改革(反宗教改革運動)や絶対王政の確立を背景にした美術様式であるといわれている
これまでの均衡の保たれていたルネサンス絵画とは対照的に、バロック絵画には躍動感があふれ、明暗の対比がはっきりとし、描かれている人物たちの動きは流動的である。画題となるのは主にギリシア神話や聖人、あるいは貴族や王族の生活や肖像である。また注文主は王族・貴族・教会などの大金持ちであった。


ベラスケス   
 ベラスケス ラス・メニーナス  ベラスケス バッカスの勝利
 ラス・メニーナス  バッカスの勝利
   
ウルカヌスの鍜治場   セヴィーリャの水売り 
  カラヴァッジョ 
カラヴァッジョ いかさま師   カラヴァッジョ キリストの埋葬
いかさま師  キリストの埋葬
   
ロレートの聖母  果物籠を持つ少年 
カラヴァッジョ エマオの晩餐   カラヴァッジョ キリストの捕縛
エマオの晩餐  キリストの捕縛 
ラ・トゥール
   
大工の聖ヨセフ 
   
 豆を食べる人々 女占い師
   
マグダラのマリア ヴィエル弾き
   
 枢機卿帽のある聖ヒエロニムス  クラブのエースを持ついかさま師
プッサン  ルーベンス
プッサン アルカディアの牧人たち   
アルカディアの牧人たち レウキッポスの娘たちの略奪
 バルデス・レアール レンブラント 
   
世の栄光の終わり  水浴の女
レンブラント 
レンブラント 夜警   
夜警  ニコラース・ルッツの肖像 
   
ニコラース・テュルブ博士の解剖学抗議 ベルシャザルの饗宴 
   
悲観に暮れる預言者エレミア  赤い帽子をかぶったサスキア
レンブラント  フランス・ハルス 
   
話し合うペテロとパウロ  風景の中の家族  
フランス・ハルス  
   
ジプシー娘  笑う騎士 
フェルメール  
   
真珠の耳飾りの少女  デルフトの小路 
   
デルフトの眺望  レースを編む女 
   
 牛乳を注ぐ女 絵画芸術の称賛 
   
天文学者   女と召使
   
      

Gallery Aoki

〒151-0072
東京都渋谷区幡ヶ谷3丁目48-4

TEL 03-3378-2288