カラヴァッジョ(イタリア 1571〜1610) 「ロレートの聖母」 1604年頃 油彩 カンヴァス 260x150cm ローマ サンタゴスティーノ聖堂

西洋絵画美術館>>バロック>>ロレートの聖母                               Back


イタリア東部にロレートという町がある。
そこにイスラエルのナザレにあったキリストの生家が飛来したという言い伝えに倣って描いた作品である。
この作品が発表された時、民衆はここで膝間つく二人の親子に自分たちの姿を重ねたいう。

貧しいが信仰心にあつい農村の親子が聖母とキリストに会うために遠い道を歩いてやって来たという場面だ。
しかし、聖母はやや世俗的な感じに見えるのは気のせいだろうか。