本文へスキップ

有名西洋絵画の解説と紹介をするインターネット美術館です。レンブラント 自画像

光と影の探究者

レンブラントと自画像


レンブラントほど自画像を多く描いた画家は少ないのではないだろうか。
デッサンも含めれば相当の枚数になるはずだ。しかし、彼の作品を観ればその理由もうなずける。画家生活の生涯を通じ一貫してこだわってきたのが人物の表情と、それを強調する光と影だからである。自身の内面にある複雑な思いをどのようにキャンバス上に表現するかを自画像を描くことによって学び取ることが自身にとって重要なことであり、それが作品の製作において欠かす事の出来ない中心的な要素になるからである。彼の作品には人物の表情から読み取るドラマがある、物語があるのだ。だからこそ鑑賞者を魅了するのである。

 自画像とその時代
   1629年の自画像  23歳

レンブラントはこの頃から自画像を描き始めた。

この年の4年前画家として独立
   1630年の自画像  24歳

   1631年の自画像  25歳

アムステルダムに移住。

ニコラース・ルッツの肖像を描く。
肖像画家として評価が高まる。

1634年、サスキアと結婚。
   1639年の自画像  33歳

アムステルダムの中心街に邸宅を購入。
人生の絶頂期。
   1640年の自画像  34歳




1642年、「夜警」が完成
同年6月14日 サスキア死去
   1645年の自画像  39歳

版画の製作に夢中になる。




1648年 独立戦争終結 オランダ独立。


1656年 自己破産
   1658年の自画像  52歳
  1661年の自画像  55歳

布地組合の集団肖像画完成。
   1665年の自画像  59歳
   1668年の自画像  62歳
「笑う自画像」人生の栄光と苦難を経験し、すべてを悟ったかのような微笑みを浮かべる老年の姿。
   1669年の自画像  63歳








この年、10月4日 死去