本文へスキップ

有名西洋絵画の解説と紹介をするインターネット美術館です。

作品解説「クラブのエースを持ついかさま師

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール(フランス)1593〜1652

作品名:クラブのエースを持ついかさま師
製作年:1630年
サイズ:85.7x141cm
技法 :油彩 キャンバス
所蔵 :ポール・ゲッティ美術館
ジョルジュ・ド・ラ・トゥール クラブのエースを持ついかさま師
 中央二人の女と左の男はグルである。世間知らずで金持ちの少年がトランプ遊びでいかさまに合う場面。
中央で目配せする女、少年の様子をじっと見つめる若い娘、とぼけた表情のいかさま師。
疑うことを知らない純で、うぶな少年は自分のカードを見ている。
3人の微妙な目配りが状況をうまく表現している。実に巧みでラ・トゥールのユーモアが冴えている作品だが、実はカラヴァッジョの作品にも「いかさま師」というよく似た作品がある。ラ・トゥールはその作品からインスピレーションを受けたことは間違いないようだ