ジョルジュ・ド・ラ・トゥール (フランス 1593〜1652) 「女占い師」 1630年頃 油彩 カンヴァス 101.9x123.5cm ニューヨーク メトロポリタン美術館

西洋絵画美術館>>バロック>>女占い師


ラ・トゥール


中央の若い男に占い師の老婆がコインを持って話しかけている。
老婆の話術で男の気を引いている間に三人の娘たちは男が身に付けている貴金属を奪おうとしている。
この作品もまた『だまし』がテーマだが、一人ひとりの視線とその表情が状況をうまく表しており、奪う側の緊張感さえ伝わってくるようだ。
ラ・トゥールの観察力と豊かな表現力は作品のテーマの意図するところを十二分に引き出している。


この作品はギャラリーアオキで購入できます。


Back