バルデス・レアール (イタリア 1622〜1690) 「世の栄光の終わり」 1671年頃 油彩 カンヴァス 270x216cm サンタ・カリダー施療院

西洋絵画美術館
>>バロック
>>世の栄光の終わり




 ムリーリョと同世代の画家バルデス・レアールは、セピーリヤに生まれ、同地で修業後にスペイン南部コルドバで画業を始める。
 1656年にセピーリヤに戻ったものの、すでにムリーリョが圧倒的人気を誇っていたため、有力なパトロンを確保できなかった。1670年頃、レアールはムリーリョとともに、カリダー施療院聖堂の大規模な装飾を委託される。そこでレアールが措いたのが、この『世の栄光の終わり』と『束の間の命』の対幅であり、これこそレアールの真骨頂を示すものだ。

『世の栄光の終わり』の画面下には、横たわった司教の遣骸にウジがわき、奥には骸骨が散乱した凄惨な光景が措かれている。半円形の上部から突き出た聖痕のあるキリストの手には天秤。右の皿には「信仰」を表わすキリストの心臓や聖書、左の皿には「7つの大罪」を象徴する動物たちが乗り、それぞれ「以下ではない」「以上ではない」と書かれている。天国に行くには信仰が絶対条件であり、地獄に堕ちるには罪以上は必要ないことを示しているのだ。

 この世のはかなさを暗示する寓意画だが、主題より何よりもまず、あまりにむごたらしい光景に衝撃を受ける。ムリーリョの明に対してレアールは暗、陽に対して陰、美に対して醜といっていい。そのため民衆からは支持されず、貧困と病のうちに生涯を終えた。


Back