カラヴァッジョ(イタリア 1571〜1610) 「果物籠を持つ少年」 1594年頃 油彩 カンヴァス 70x67cm ローマ ボルゲーゼ美術館

西洋絵画美術館>>バロック>>果物籠を持つ少年                               



写真で言えば果物と籠にピントが合っているが人物や背景はややボケているといった感じではなかろうか。
カヴァッジョにしては珍しいといえそうな気がするが、おそらく意図的な技法であろう。
ローマでの修行時代は静物画に定評があり、多くの静物画を描いている。特に果物や籠は彼の得意分野で、この作品においても実にリアルでみずみずしい。
そして、背景に光を斜めに入れ全体に奥行きを出す技法もカラヴァッジョが良く使う手法で果物の新鮮さを引き出している。

       
Back