フランス・ハルス (オランダ 1580〜1666) 「ジプシー娘1630年頃 油彩 カンヴァス 58x52cm パリ ルーブル美術館

西洋絵画美術館>>>バロック>>>ジプシー娘


ジプシー娘



この絵はハルスの描いた作品の中で最も人気のある作品の一つである。驚くほど自由で、伸びやかな筆遣いで描かれ、全体として極めて生気あふれる作品である。
娘の微笑みは「モナリザ」に対しての下層階級からの一種の返答といわれてきた。
深く胸の開いた衣装は、娘が娼婦であることをほのめかしている。


Back