フェルメール (オランダ1632〜1675) 「真珠の耳飾の少女」1665年頃 油彩 カンヴァス 47x40cm ハーグ マウリッツハイス美術館

西洋絵画美術館>>バロック>>真珠の耳飾の少女(青いターバンの少女)


フェルメール 真珠の耳飾の少女




 こちらを振り返る少女が、トルコ風のターバンを巻き、大きな真珠の耳飾りをつけている。強い光を受けた少女が暗い背景から浮かび上がってくることで、エキゾティックで神秘的な雰囲気を醸し出している。いきいきとした表情を出すために、両目に光が入れられている。この少女は特定のモデルを描いた肖像画にしては、理想化されすぎている。
 これは17世紀にオランダでしばしば描かれた、「トローニー(特定の肖像とはいえない人の顔を描いたもの)」に分類できる。1676年フェルメールの没後作成された財産目貪剥こ、「トローニー」という記載が2点見られ
ることは、フェルメールも「トローニー」に手を染めていた証である。

この作品はギャラリーアオキで購入できます。

Back