レンブラント(オランダ 1606〜1669) 「赤い帽子をかぶったサスキア」1633〜42年頃 油彩 板 99.5x78.8cm  カッセル国立美術館(ドイツ)

西洋絵画美術館 >> バロック >> 赤い帽子をかぶったサスキア        前のページに戻る

モデルはレンブラントの最初の妻サスキア。
レンブラント独特の黒い背景、正面からの照明を浴びて浮かび上がるサスキア。
帽子と衣装に鮮やかな赤を使っていることが、いっそう人物を引き立てていると同時に強いアクセントになっている。
洋服や装飾品は驚くほど丁寧に、詳細に、写実的に描かれており、ため息が出るほどに美しい作品だ。