Vincent Willem Van Gogh

ヴィンセント・ファン・ゴッホ

1859~1890


  フィンセント・ファン・ゴッホはオランダ南部の小さな町フロート・ズンデルトで生まれた。
祖父も父も牧師であることからフィンセントにも同じ道が考えられたが人から強制されることが嫌いで頑固な性格のゴッホは学校になじめず退学となった。
絵心のあったゴッホは叔父の紹介でパリの一流画商グービル商会ハーグ支店に勤める。この時に失恋をするのだが、その後にも経験する何度かの失恋がゴッホの心に深い傷をもたらしたようだ。
1876年画商を解雇されたゴッホは聖職に就くために勉強に励むがラテン語の勉強について行けず正規の牧師になる道は閉ざされてしまう。
見習いの伝道師として炭鉱や農村を廻った時、ミレーのように貧しい農村の労働者を描きたいと想いデッサンをしている。
伝道師としての任期も延長されず残された道は絵を描くことだけだった。
弟のテオから絵を送ることを条件に援助が受けられるようになったゴッホだが作風は暗く、32歳になっても売れない絵を弟に送り続けるゴッホは家族の厄介者だった。アカデミーでも絵画を学ぶのだが基礎の繰り返しで長続きせずパリのモンマルトルに住む弟テオのもとに転がり込む、そこでパリの最先端の絵画の潮流を知ることになる。
ピサロ、ギヨマン、シャニック、セザンヌ、スーラ等の作品である。
彼らとの交流でゴッホのパレットは明るくなった。しかしパリでの生活はゴッホに向いていなかったようだ。
1888年ロートレックの勧めもあり、生活費の安さと太陽を求めてフランス南部のアルルに移る。そしてこの地から数々の名作が生まれることになる。
アルルでのゴーギャンとの共同生活は有名だがゴッホの強すぎる個性のため僅か二ヶ月で悲劇の別れを迎え、そのショックもあったのだろうか精神の不安定な日々を送るようになると、自らアルル近郊にあるサンレミの療養所に入り療養に努める。弟テオに勧められガシュ医師がいるパリ近郊のオヴェールへ移るが不安定な精神と強い孤独感にさいなまれ1890年ピストルで自らの生涯を閉じた。
享年37歳だった。
 
 

前のページに戻る