ギュスターヴ・モロー(フランス1825〜1898) 「ゼウスとエウロペ」1868年 油彩 カンヴァス 175x130cm パリ ギュスターヴ・モロー美術館

西洋絵画美術館 >> ロマン・写実主義 >> ゼウスとエウロペ


 この作品もまたギリシャ神話の一場面を描いたもの。1860年サロンに出展。
「フェニキア王の美しい娘エウロペに一目ぼれしたゼウスが、白い牡牛に姿を変えて近づきエウロペを連れ去る」場面。
モローの作品の多くはこのように神話を題材にしているが、この作品についてはあまり芳しい評判は得られなかった。
古典的な描写や大仰なポーズが「時代遅れだ」ということらしい。
         Back

ゼウスとエウロペ