ジャン=フランソワ・ミレー(フランス1814〜1875) 「夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い」1860年 油彩 板 53.5x71cm   山梨県立美術館

西洋絵画美術館 >> ロマン・写実主義 >> 夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い                         ミレーの複製画


ミレーは「羊飼い」をテーマに何作も描いている。祖母によって育まれた信仰心が聖書に描かれている羊飼いの姿とダブって来るのであろうか。
当時、羊飼いは村に定住せず牧草を求め日々移動し、羊とともに寝起きをしていた。村の人々はそんな彼らを奇異な目で見ていたのだがミレーの目には気高いものといして移っていたに違いない。
西の地平線に沈もうとしている大きな太陽に背を向けてマントを着込み杖を持ってひたすら歩く羊飼い、何か宗教的な神々しさを感じる。
                                                                           
この作品はギャラリーアオキで購入できます。                                                               

ミレー 羊飼い