西洋絵画美術館

ファン・ゴッホ (オランダ1853〜1890) 「夜のカフェ・テラス」 1888年 油彩 カンヴァス 81x65cm オッテルロー クレラー・ミュラー美術館

西洋絵画美術館>>印象主義>>夜のカフェ・テラス                        ゴッホの複製画


ゴッホ 夜のカフェ・テラス

「2番目の作品は,青い夜のなかにガス燈で照らしだされたカフェの外を描いたもので,青い星空がのぞいています」,「夜の広場の情景と効果を描くこと,あるいは夜そのものを描くことに,すっかりぽくは夢中になっています」(弟テオへの手紙)

太陽とひまわりに熱中した男ゴッホが,9月ころから,突如として夜の光景に夢中になりだしたのは,たとえば,ロートレックやドガにおけるような夜の光線の印象派的な興味からだけではなかった。情熱的な心に向かっていたゴッホの眼は,やがて心のなかのより暗い部分,精神の闇の部分に向かいだしたとみるべきだろう.青い美しい星空と,ガス澄の異常な黄色の対照には,ゴッホの心のなかの葛藤(かっとう)がそのまま表現されているといってよいだろう。だが,作品そのものはアルル時代中期の成熟した画格の大きさを十分に示している.


この作品はギャラリーアオキで購入できます。


          Back