本文へスキップ

有名西洋絵画の解説と紹介をするインターネット美術館です。モネ 睡蓮

作品解説「睡蓮の池と日本の橋」

クロード・モネ(フランス)1840〜1926

作品名:睡蓮の池と日本の橋
製作年:1899年
サイズ:90.5x89.7cm
技法 :油彩 キャンバス
所蔵 :シュトゥットガルト国立美術館
モネ 睡蓮
 

ジベルニーにあるモネの庭。浮世絵や知人の話からインスピレーションを受け日本庭園を意識して作られた。
太鼓橋や柳の木、そして水面に咲く睡蓮、この頃のモネは庭造りと庭を描くことに夢中であった。
数多く描かれたモネの睡蓮だがこの作品は特に力強く描かれており60歳を目前に精神の充実が感じられる。

現在の橋

この作品はギャラリーアオキで購入できます。