ジャン=フランソワ・ミレー(フランス1814〜1875) 「ランプのもとで縫い物をする女性」1870年 油彩 カンヴァス 100.7x81.9cm  ニューヨーク フリック・コレクション

西洋絵画美術館 >> ロマン・写実主義 >> ランプのもとで縫い物をする女性              ミレーの複製画



ミレー
母親の穏やかで優しい心を表現するのにこれ以外の構図が考えられるだろうか。
ランプの光も効果的だ。光の向こうに幼い子供の寝顔、手前の母親はやわらかい逆光に包まれ優しいまなざしで縫い物をしている。
ミレーの家族に対する愛情が十分に表現されている作品だ。



  




  この作品は購入できます。