本文へスキップ

有名西洋絵画の解説と紹介をするインターネット美術館です。モネ モネの庭

作品解説「モネの庭、アイリス」

クロード・モネ(フランス)1840〜1926

作品名:モネの庭、アイリス
製作年:1900年
サイズ:81x92cm
技法 :油彩 キャンバス
所蔵 :パリ オルセー美術館
モネ モネの庭、アイリス

大きな画像で見る
 

モネはいつも、一日のさまざまな瞬間や気象状態、光の状態の変化に合わせて、多いときには12枚ものカンヴァスに囲まれ、大きな白いパラソルの下に座っていた。継娘のフランシュは以前からよくモネの横で絵を描いていたが、アリスの死後はいつもモネに付きi添っていくようになった。モネは事務的に黙々と描いたが、制作中、不機嫌になることも多くなった。多作と深い憂欝が交互に繰り返された時期であった。
 1893年に前面に広がる池が出来、モネの庭は完成する。モネはその池に浮かぶ睡蓮に夢中になるが、このアイリスもまた彼のお気に入りだった。
日陰から日向への色彩の変化に注目して欲しい。

この作品は購入できます。