ギュスターヴ・モロー(フランス1825〜1898) 「キマイラ」1867年 油彩 板 33x27.3cm ケンブリッジ(アメリカ) フォッグ美術館

西洋絵画美術館 >> ロマン・写実主義 >> キマイラ                                     Back                                    


 ギリシャ神話にある「キマイラ」は頭が獅子、胴が山羊、尾が蛇で口から火を吹く怪物だが、これは同じギリシャ神話のケンタウロスかペガサスに近い。
フランス語では「シメール」といい「空想」や「幻想」を意味するらしい。つまり、女性がシメールにしがみつき空想の世界へ旅立つ場面を描こうとしたのではないかといわれている。
モローの作品の油彩画は大作が多いのに、この作品は縦横30cm程度の小作品だ。
         

モロー キマイラ