ファン・ゴッホ (オランダ1853〜1890) 「花瓶のバラ」 1890年 油彩 カンヴァス 93x74cm  メトロポリタン美術館

西洋絵画美術館>>印象主義>>花瓶のバラ                                      ゴッホの複製画



 多くの画家がバラの花を描いているが、ゴッホはあまりバラを描いていない。
特に白バラとゴッホは妙な組み合わせに思えたが意外なことにゴッホのセンスの良さに驚いた。
かすかに青が使われているだけでほとんど緑と白の濃淡だけで描かれている。
このシンプルでシックな色調はヨーロッパのおしゃれ感覚の原点のように思える。
しかし、花びらは「ひまわり」のように厚く塗られゴッホの主張が現れている。
この作品はオーヴェールで描かれているが、同地に住む画家ドービニーの未亡人を訪ねたときに庭に咲き乱れるバラが強く印象に残ったことから先輩画家への弔意をこめて描いたものだ。


この作品はギャラリーアオキで購入できます。

Back