ジャン=フランソワ・ミレー(フランス1814〜1875) 「糸を紡ぐ少女」1855年 油彩 カンヴァス 46x39cm  ボストン美術館

西洋絵画美術館 >> ロマン・写実主義 >> 糸を紡ぐ少女




 すでにこの当時、産業革命によって紡織機が開発され、糸紡ぎ車はも
 はや時代遅れであったはずだから、この作品もミレーの子供時代の記憶
 をもとにバルビゾンで再現したものであろう。少女と糸紡ぎ辛がきれい
 な三角形をつくる安定した構図で、少女の視線や腕や指先のポーズが、
 精を出している仕事ぶりを十分表現している。




  この作品は購入できます。                                                              
   
             Back