ジョン・コンスタブル(イギリス1776〜1837) 「干し草車」1821年頃 油彩 カンヴァス 130.5x185.5cm ロンドン ナショナルギャラリー

西洋絵画美術館 >> ロマン・写実主義 >> 干し草車                    前のページに戻る 


 カンスタフルの最も有名な絵で、初夏のフラットフォード水車場近くの静かな情景である。
犬だけが顔を上げ、空の荷馬車がウイリー・ロットの家のわきでストゥア川を渡って、遠景の牧草地に向かおうとしている。
制作に5か月を要したこの絵に、画家自身は≪風景:昼≫と題をつけた。
太陽は画面をはみだした高み、見る者のほぼ正面にあるはずだ。空をよぎる雲が、田園のそこかしこに影を投げている。
なんとものどかなイギリス片田舎の田園風景を代表しているような作品だ。
いつ頃からか、画面にアクセントを付ける意味で赤い色を使うようになった。この作品でも馬の鞍に赤が使われている。


この作品はギャラリーアオキで購入できます。
               
  Back