ヤコブ・ピサロ (フランス1830〜1903) 「羊毛をほぐす農婦」 1875年 油彩 カンヴァス 56x47cm チューリッヒ EG ビュールレ財団

西洋絵画美術館>>印象主義>>羊毛をほぐす農婦                       ピサロの複製画


ピサロ 羊毛をほぐす農婦



 1874年はピサロにとって感情的に疲労困憊の年であった。娘ジャンヌの急死にひどい悲しみを味わい、また最初の展覧会以降、彼および印象派の他のメンバーが接した無理解に意気を阻喪させた。
 こうした感情が原因になったと思われるが、ピサロはフランス風景の称揚、複雑な構図の探究、構造と形態の描写に背を向けるようになった。
 彼の関心は、パリに着いてすぐに自分が影響を受けた画家たちに立ち帰った。クールベから学んだ技法に戻り、1875年に死去したジャン=フランソワ・ミレーに敬意を捧げた。
 ≪羊毛をほぐす農婦≫は、より内省的なアプローチを見せている。まるで偶然出くわしたかのように、この人物は物思いにふけっている。篭から羊毛を拾い上げ、それを膝の反対側に落としている女性の一心不乱な姿を描いたこの絵には、しかしながら、創意に富む構成要素が欠けているわけではない。座っている人物を画面の真ん中に据え、その両側を細くてまっすぐな2本の樹幹によって巧みに枠取りしているのである。
 絵は左右相称的でもある。構図上部の菓むらの塊量、ねじれている樹幹、女性の胴部、地面に落ちる羊毛の広がり、これらが組み合わさってゆで卵用砂時計の形をつくっている。女性の腕のところに水平線を引いて、ページを2つ析
にすれば、「ゆで卵用砂時計」の上部と下部にほぼ正確に対応するだろう。


この作品はギャラリーアオキで購入できます。


                   戻る