アンリ・ルソー (フランス1844〜1910) 「陽気なおどけものたち」 1906年 油彩 カンヴァス 146x113cm  フェラデルフィア美術館

西洋絵画美術館>>20世紀の絵画>>陽気なおどけものたち


ルソー 陽気なおどけものたち

 題名の“陽気なおどけものたち というのは、なぜだかわからないが密林にある、ひっくり返ったミルクびんや孫の手で遊んでいる猿たちのことである。典型的なルソーの作品であり、絵に描かれた動物の動作は奇妙で意味はま理解しがたいが、絵そのものには独自のおかしみのある論理がある。


      戻る