西洋絵画美術館
前のページに戻る

 

「都会のダンス」

ピエール・オーギュスト・ルノワール  1883年 油彩 カンヴァス 180x90cm 
パリ オルセー美術館


Pierre Auguste Renoir

 TOP ルネサンス以前 ルネサンス バロック ロココ 新古典ロマン印象主義 20世紀 
 
  
 
 
 
ルノワールはダンスシーンの作品を2作描いている。2作とも画商デュラン=リュエルに依頼され、措かれた。2作はほぼ等身大。ダンスの情景全体を描き出すよりもぴったりと寄り添う男女のようすに焦点があてられている。
男性は、どちらもルノワールの友人でジャーナリスト・美術愛好家のポール・ロート。≪田舎≫のふっくらとした愛らしい女性はのちにルノワールの妻となるアリーヌ・シャリゴ。一方、《都会≫のすらっとした美しいモデルはのちに画家となるシュザンヌ・ヴァラドンで、画家ユトリロの母でもある。どちらも腰の後ろを膨らませたバッスル・スタイルと呼ばれるドレスを身につけているが、かたや花模様の入った木綿の晴れ着であり、一方は絹の夜会服である。
このようにモデルのしぐさ、表情だけでなく、ドレスや背景においても田舎と都会を対照的に措き分けている。ルノワールが風俗や流行に精通し、それを措き分ける描写力もあったことがよくわかる作品。
 
 
この作品はギャラリーアオキで購入できます

 ギャラリーアオキ モネ、睡蓮 レンブラント、夜警 ロンドン、ナショナルギャラリー
ゴッホの手紙
 世界に広がる印象主義


Copyright (C) 2010 Gallery Aoki All Rights Reserved