ロンドン ナショナル・ギャラリー

神秘の降誕」 ボッティチェリ 1500年頃 油彩 板 108x75cm       前のページに戻る 

ボッティチェリ最晩年の作品。
メディチ家の力が衰え、かねてからフィレンツエ市民の享楽的生活を批判してきた修道士サヴォナローラがサン・マルコ修道院の院長に就任すると
ボッティチェリもサヴォナローラに傾倒し宗教性の色濃い作品に変わっていった。
この作品でもキリスト生誕の喜びが描かれている。