本文へジャンプ

西洋絵画美術館 世界の名画








Gallery Aoki
ルネサンス以前
アンブロージョ・ロレンツエッティ(イタリア1319〜1348)     前のページに戻る

神殿奉献

1342年 テンペラ 板 257x168cm  ウフィツイ美術館


 シエナの大聖堂のサン・クレシェンツイオ祭壇のために制作された作品。当時の祭壇画によく見られる聖人たちの静止した姿よりも、透視図法による効果的な床の線がポイントとなる入り組んだ場面設定の方に目がいく。画中では緻密な細部描写がなされ、解説でもシンボルでもある文章があちこちに見られる。青の色調を出すための高価なラピスラズリ(青金石)とワニスが使われていることから、当作品の重要性がうかがわれる。一世紀後にはシエナの多くの画家によって模写された絵である。

        前のページに戻る