本文へジャンプ

西洋絵画美術館 世界の名画








Gallery Aoki
ルネサンス以前
アンブロージョ・ロレンツエッティ(イタリア1319〜1348)     前のページに戻る

聖ニコラウスの四物語

1332年 テンペラ 板 96x36cm(各パネル) ウフィツイ美術館


  アンブロージョ・ロレンツェツティはフィレンツェのサン・プロコロ教会のために一作の“板絵”(おそらくは同室展示の聖母子と聖ニコラウスと聖プロクロスのトリプチイクを描いており、その後、ある礼拝堂のために当作品である小さく描かれた聖ニコラウスの物語”を制作した。ヴァザーリの1568年に記述によると、まさにこの絵によって“彼の名声と評判は一挙に高まった”。

        前のページに戻る