本文へジャンプ

西洋絵画美術館 世界の名画








Gallery Aoki
ルネサンス以前
サンタ・チェチリアの師匠(実名不明)     前のページに戻る

聖チェチリアの生涯

1304年以降 テンペラ 板 85x181cm


 1304年にサンタ・チェチリア教会が焼失し、すぐに再建されたことを1300年代の年代記作家のジョヴァンニ・ヴイツラーニが書き残している。
 もっともらしい説によると、1300年代初期のフィレンツェ派の絵画の最も優れたもののひとつであるこの祭壇画は火事の直後に当教会のために描かれたということである。
 殉教を最終場面とする彼女の生涯の8つのエピソードを左右にして、玉座に座する聖チェチリアが描かれている。
 細密画を拡大したようなこれらのシーンは細かな写実性に特徴があり、アッシジの上部教会にジオットが制作したフレスコ画の影響が見られる。
 若きジオットの試みがすぐさま適用されているとはいえ、この作品における三次元の表現法はまだ実験段階の域を出ていない(たとえば、左上のチェチリアとヴァレリアーノの婚礼祝宴の場面の御馳走が並ぶテーブルの描き方)。
 ジオットと同時代に活動した無名の画家であり、ウフィツツイにあるこの祭壇画の趣から名前が付けられているこの師匠は、以下の他のいくつかの作品の制作者でもあると推定されている:アッシジの上部教会に描かれるているフレスコ画の型フランチェスコの生涯のうちの教場面、フィレンツェのサン・ジョルジョ・アッラ・コスタ教会とサン・シモーネ教会とサンタ・マルゲリータ・ア・モンティチ教会の板絵。

        前のページに戻る