エドヴァルド・ムンク (ノルウェー) 「サン・クルー近郊のセーヌ川」 1890年頃 油彩 カンヴァス 46.5x38cm   オスロ市 ムンク美術館 

西洋絵画美術館>>世界に広がる印象主義>>サン・クルー近郊のセーヌ川


1885年に初めてパリを訪れた際、ムンクは印象派に遭遇している。
だがしばらくこの新手法を試したあとは、印象派とは正反対の方向、つまりよく知られた《叫び》(1893年 オスロ国立美術館)をはじめとする、一連の不穏な雰囲気に包まれた絵画へと大きく方向転換した。

前のページに戻る