本文へジャンプ

西洋絵画美術館 世界の名画

新古典主義
ルイ・ダヴィッド 1748〜1825     前のページに戻る

サン・ベルナール峠のナポレオン

1801制作 油彩 カンバス 272x232cm  マルメゾン宮殿蔵


 ダヴイッドは、この作品から4枚のレプリカを仕上げているが、ナポレオンがこうした活動的な肖像を好んだ理由も容易に想像できる。
 ここでは、ナポレオンが軍隊を率いてイタリアに向かう途中のアルプス越えのようすが描かれている。実際に乗ったのはラバだったが、彼は沈着に荒馬にまたがった姿に描くよう注文をつけた。