西洋絵画美術館
前のページに戻る

 

「ライデン近くのチューリップ畑」

クロード・モネ  1886年 油彩 カンヴァス 59.7x73.2cm 
クラーク美術館
 (アメリカ)

Claude Monet

  TOP ルネサンス以前 ルネサンス バロック ロココ 新古典ロマン印象主義 20世紀
 
 
 
1886年春、モネはデン・ハーグのフランス大使館の書記官エストウールネル・ド・コンスタン男爵の招きでオランダに行く。
男爵からライデンとハーレムの中間にあるザッセンハイムのチューリップ畑を案内され、5点の作品を制作した。この作品はザッセンハイムの村の南の端にある農園。農家の前のチューリップ畑が、茎の緑、花の赤・白・黄・紫などの強烈な色彩によって表現されている。
前景はのどかな春の小川。
 
 


 ギャラリーアオキ・ モネ、睡蓮・ レンブラント、夜警・ ロンドン、ナショナルギャラリー 
ゴッホの手紙 世界に広がる印象主義


Copyright (C) 2010 Gallery Aoki All Rights Reserved