本文へスキップ

有名西洋絵画の解説と紹介をするインターネット美術館です。ピサロ パリのテアトルフランセ広場

作品解説「パリのテアトルフランセ広場、雨」

ヤコブ・ピサロ(フランス)1830〜1903

作品名:パリのテアトルフランセ広場、雨
製作年:1898年
サイズ:73.6x91.4cm
技法 :油彩 キャンバス
所蔵 :ワシントン ナショナルギャラリー
ピサロ パリのテアトル・フランセ広場、雨
1897年の終わり頃、ピサロはパレ・ロワイヤル広場に面したグラン・ドテル・デユ・ルーヴルに一部屋借りた。部屋の窓からはサン・トノレ街、オペラ座通り、テアトル・フランセ広場が見下ろせた。この眺めについてピサロはリュシアンにこう書いている。「描くのにはとても美しい!美的ではないかもしれないが、こうしたパリの街頭が描けるのを喜んでいる。これらの通りを人々は醜いと言いだすようになったが、とても銀色に輝き、光と活気にあふれている。ブールヴアールとはまったく違っていて、こちらは完全にモダンだ」。

この作品はギャラリーアオキ購入できます。