ギュスターブ・カイユボット (フランス1848〜1894) 「庭 師」 1876年 油彩 カンヴァス 90x117cm 

西洋絵画美術館>>印象主義>>庭 師                                 カイユボットの複製画


当時、外国のめずらしい植物や果物の種をダイレクトメールで取り寄せるのが流行し、カイユポットも多くの植物を栽培した。といってもブルジョア階級の彼は、みずから土いじりをするのではなく、実際の作業は庭師が行なった。複数の庭師が並んで苗に水をやつている姿は、《床を削る人々》同様、ブルジョア階級から見た労働者がテーマである。

                                                                 この作品はギャラリーアオキで購入できます。
カイユボット 庭師

                       戻る