西洋絵画美術館
前のページに戻る

 

「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」

ピエール・オーギュスト・ルノワール  1876年 油彩 カンヴァス 131x175cm 
パリ オルセー美術館


Pierre Auguste Renoir

  TOP ルネサンス以前 ルネサンス バロック ロココ 新古典ロマン印象主義 20世紀
 
 
ムーラン・ド・ラ・ギャレットは、パリ市街を見下ろすモンマルトルの小高い丘にあったダンス・ホールで、芸術家や学生のたまり場だった。
ルノワールは毎日大きなカンヴァスを担いでゆき、現場で描いた。絵のモデルとなっているのは常連の女性たちやルノワールの仲間。ドレスやジャケットにあたる外光を、きらきらと反射する大きな色の斑点として、また、地面の影を大胆に青色で描いているところに印象派の特徴がある。刻々と移ろいゆく外光のなかで、動きの定まらない群衆を、素早い筆さばきで描写した本作からは、130年以上経た今日でも、当時の風俗から人物のようす、その喧騒までもが伝わってくる。
その優れた表現力によって、ルノワールの印象派時代の代表作であるとともに、パリの生活を活写した貴重な記録にもなっている。  
 
 
この作品はギャラリーアオキで購入できます

 ギャラリーアオキ モネ、睡蓮・ レンブラント、夜警  ロンドン、ナショナルギャラリー
ゴッホの手紙 世界に広がる印象主義


Copyright (C) 2010 Gallery Aoki All Rights Reserved