ヴァシリー・ポレーノフ (ロシア) 「モスクワの庭」 1902年頃 油彩 カンヴァス 55.2x44cm サンクト・ペテルブルグ  ロシア美術館 

西洋絵画美術館>>世界に広がる印象主義>>モスクワの庭


パリから帰国後、ボレーノブは、民衆のための絵画を旗印に掲げ、日常の風景をありのままに描くことを旨とした故国の画家たちのグループ、「移動派」にカロわる。
ここにある作品は、そのグループへの参加直前に描かれたもの。。
明るい色彩のなか、一瞬の閃光のようにもみえる手前の十字路に、彼の印象派時代の名残がみえる。


前のページに戻る