黒田清輝 (日本) 「舞妓」 1893年頃 油彩 カンヴァス 81x65.2cm 東京国立博物館 

西洋絵画美術館>>世界に広がる印象主義>>舞妓


帰国の年の秋、京都に遊んだ黒田は、生まれて初めて見る舞妓にエキゾティックな興味をかき立てられて、本作を描いた。
触ったら壊れそうな気がしたという当時の感想とは裏腹に、画中の舞妓は八頭身の健康的な姿で描かれている。
留学中に法律から画家志望に転じた黒田のまなざしは、限りなく西洋人に近かった。


前のページに戻る