ジョバンニ・ボルディーニ (イタリア) 「コンブ・ラ・ヴィルの大通り」 1873年頃 油彩 カンヴァス 69.2x101.4cm フェラデルフィア美術館 

西洋絵画美術館>>世界に広がる印象主義>>コンブ・ラ・ヴィルの大通り


ボルディーニはイタリア北部のフェッラーラで生まれ、画家の父親から指導を受けた。5年のロンドン滞在を経て、1872年パリに落ち着く。
風景画家としてよりも肖像画家としての方が有名だが、本作品のように極めて写実的に描く風景画も高い評価を受けた。
屋外制作という以外に印象派との共通点は少ないが、画面から感じる日差しや風の匂いには印象派の出発点ともとれる風景が広がっている。


前のページに戻る