ウジェーヌ・ドラクロワ(フランス1798〜1863)「キオス島の虐殺」1824年 油彩 カンヴァス 417x354cm パリ ルーブル美術館

西洋絵画美術館 >> ロマン・写実主義 >> キオス島の虐殺                前のページに戻る


ドラクロワ キオス島の虐殺



 1821年9月、ドラクロワは「始まったばかりのトルコとギシアの戦争」を描きたいと友人に語っている。
それから2年ほどして彼は、独立戦争での出来事のなかでも最悪の残虐行為を絵にすることにした。被害者のギリシア人たちは画面の手前を横切るようにくっきりと描かれ、風景のなかにはめこまれているように見える。