フレデリック・バジール (フランス1841〜1870) 「家族の集い」 1867年 油彩 カンヴァス 152x230cm パリ オルセー美術館

西洋絵画美術館>>印象主義>>家族の集い


夏空のもと、涼を求めて木陰に集まつた正装の男女。左手前に並んで腰掛ける両親をはじめ、モデルはハジールの近親者ばかりである(画家自身も左端に立つ)。モンペリエの名門バジール家では、近郊のメリックにある母の実家を別荘とし、ここで一夏を過ごすのが習わしだった。透明な光の効果が心地よい効果を生んでいる。1868年のサロンで好評を博した。

バジール 家族の集い

Back