ホアキン・ソローリャ (スペイン) 「日除けの下で」 1910年頃 油彩 カンヴァス 99.1x114.3cm セントルイス美術館 

西洋絵画美術館>>世界に広がる印象主義>>日除けの下で


バレンシア地方に生まれたソローリヤlま、ピナーソら外光派の展開に共感する一方で、ベラスケスやリベーラなどの17世紀スペイン絵画からも大きな影響を受けた。
1884年にイタリアに留学し、パリにも滞在。屋外制作を徹底的に実践し、的確な筆さばきでスペイン独特の強烈な光と影、生命感あふれる人々の姿をとらえている。


前のページに戻る