チャイルド・ハッサム (アメリカ) 「春のワシントンアーチ」 1890年頃 油彩 カンヴァス 68.9x57.2cm ワシントン フィリップス・コレクション 

西洋絵画美術館>>世界に広がる印象主義>>春のワシントンアーチ


ワシントン、フィリップス・コレクション最初ボストンでイラストの仕事をしていたハツサムは、1880年代に渡欧し、パリのアカデミー・ジュリアンに学ぶ。帰国後はニューヨークに腰を落ち着け、このような近代的な都市風景を多く描いた。
アーチの上方を樹木が覆う構図が奇抜だ。アメリカの画家のなかではもっともフランス印象派の表現に近い。


前のページに戻る