エドガー・ドガ (フランス1834〜1917) 「カフェにて(アプサント)」 1876年 油彩 カンヴァス  92x68cm パリ オルセー美術館

西洋絵画美術館>>印象主義>>カフェにて(アプサント)                               ドガの複製画


ドガ カフェにてアプサント



 労働者階級の女性がアブサンのグラスを前にしてうつろな表情で座り、隣りの赤い目をしたボヘミアンは通行く人を眺めている。女優のエレン・アンドレと版画家テブータンがカフェ・ヌーヴュル・アテーヌでモテルをつとめた。
パリの下層生i舌の一面を容赦なく見せたこの作品は1893年にロンドンで展示されると、「忌まわしいもの」と非難を浴びた。

都会の人間関係の希薄さと孤独感を見事に表現している。

テーブルの脚が描かれていない。



            戻る