ウィルヘルム・ライブル (ドイツ) 「あずまやにたたずむ獣医師ラインドル」 1890年頃 油彩 板 25.7x19.7cm ミュンヘン レンバッハ美術館

西洋絵画美術館>>世界に広がる印象主義>>あずまやにたたずむ獣医師ラインドル


作品は25.7x19.2cmという極めて小作品でしかも板に描かれている。筆さばきはまさに印象派を継承するタッチでモリゾなどと共通性が高い。
 モネ以降の印象派の影響が著しいライブルだが、20代にクールベの作品を知って以来、ありのままの風景を重厚な色彩と絵肌で表現する作品を数多く手掛け、同じ傾向の画家たちのリーダー的存在となった。
パリで活動した経験もあって、そのおりクールベと合い、また、マネの筆さばきも学んでいる。


前のページに戻る