ホアキン・ソローリャ (スペイン) 「朝の光の中のバレンシアの浜辺」 1888年頃 油彩 カンヴァス 76x105cm ニューヨーク ヒスパニック協会

西洋絵画美術館>>世界に広がる印象主義>>朝の光の中のバレンシアの浜辺


バレンシア地方に生まれたソローリャはベラスケスやリベーラなど17世紀の絵画からも大きな刺激を受けたが、パリの印象派画家たちの華やいだ明るい画風に共感しパリに滞在し野外制作を徹底的に学ぶ。
動きのある活動的な構図を好み、人々が生き生きと生活する様子を描くことに自身の情熱を傾注した。
この作品も、まさにソローリャならではの逸品である。夏の日差しの中で海水浴に戯れる子供たち、懐かしい古き良き日本の風景のようだ。

前のページに戻る