ジョバンニ・セガンティーニ (イタリア 1858〜1899) 「編み物をする少女」 1888年頃 油彩 カンヴァス 60x100cm チューリッヒ美術館

西洋絵画美術館>>世界に広がる印象主義>>編み物をする少女


セガンティーニはイタリアのスイス国境に近い北部の山村に生まれた。
ミラノで美術を学んだが、画商のヴィットー兄弟の助言によりアルプス山中に住み、山村の情景を好んで描いた。
セガンティーニは、これまでにない画法でアルプスの風景画を描き、芸術界を驚かせた。
アルプスのような高山は空気がうすく、描く対象となるものの輪郭が明瞭であるため、ヨーロッパの平地の風景などを描くのに用いられてきた、風景を単純化して描く印象派風の技法では、高山の風景を描写することが困難であった。そのため、セガンティーニ以前に高山を描いて成功したものはなかった。セガンティーニは印象派の技法を取り入れつつ、澄んだ空気によって明瞭に見える細部を省略せずに描いた。そのため、山岳の構成などは極めて精緻に描かれている一方、絵全体の眺めには統一性がある

前のページに戻る